続けられる青汁の選び方

続けられる青汁の選び方

続けられる青汁の選び方

青汁は健康によいといわれていて人気があり、たくさんの商品が販売されています。

 

使用している原料や味、製造方法など、それぞれこだわりがあります。いろんな青汁があるとどれを選んだらいいのか迷いませんか。青汁を選ぶときはどんなことに気をつけるといいのでしょうか。

 

青汁

 

原料

 

青汁によく使われるのがケールや大麦若葉です。ケールはスーパー野菜とも言われている栄養価が高い野菜です。ケール青汁を飲んで花粉症やアトピーが緩和するとの報告もあります。大麦若葉も栄養価が高く、ビタミン、ミネラル、食物繊維など不足しがちな栄養を含んでいます。

 

その他にも明日葉、緑茶、桑の葉、ブロッコリーなどいろいろな原料を使った青汁があります。原料によって栄養価や働きが違うので、目的によって選んでみてください。むくみ解消なら明日葉、ダイエットには桑の葉がおすすめです。
国産と輸入原料だったら国産の方が安心できます。国産で有機栽培だとさらに安心して毎日飲めます。

 

 

青汁は食品なので薬のように飲んですぐに変化は表れず、継続して飲むことで健康に役立ちます。毎日飲み続けるにはおいしさが大切です。良薬口に苦しといいますが、まずいものを我慢して飲むとストレスになります。

 

はちみつや豆乳粉末を加えて飲みやすくした青汁があります。ほのかな甘みが感じられて子供でも飲みやすいです。抹茶味の青汁は大人向けです。牛乳や豆乳に溶かすと抹茶ラテ風になります。

 

価格

 

継続するには価格が大切です。いくら栄養価が高くてよい原料を使っていても、価格が高くて継続できずときどき飲むだけでは健康効果はありません。継続できる値段のものを選びましょう。

 

安い青汁でも放射能や残留農薬検査をして安全性が確認された青汁があります。購入するときは製品の説明をよく読んで、安全性を確認してください。

 

高いものは国産原料や特殊な製法などこだわりがあります。飲みやすさの工夫がされていることも多いようです。少し高くなりますが、青汁が苦手な方はこだわりのある青汁がよいでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ