青汁はクリーミーなものとの相性が良い

青汁はクリーミーなものとの相性が良い

青汁はクリーミーなものとの相性が良い

最近の青汁は飲みやすくなってきてはいますが、やはり青臭さや苦さが気になります。豆乳や牛乳などで割ると飲みやすくなりますが、料理に使うことでも青汁を摂取しやすくなります。

 

牛乳やヨーグルトに混ぜるとまろやかになっておいしくなるように、青汁はクリーミーなものとの相性がよいです。カルボナーラパスタに青汁を混ぜると、青汁の苦さがまろやかになって食べやすいです。カルボナーラは野菜が不足していますが、青汁を混ぜることで不足する野菜の栄養素を摂ることができます。
チーズなど乳製品をたっぷり使ったグラタンとの相性もよいです。ホワイトソースに青汁を混ぜて、あとは普通のグラタンの作り方と同じです。

 

野菜嫌いの子供に野菜を食べさせるのに苦労している方もいるのではないでしょうか。野菜嫌いの子供でもおいしく食べられるのがお菓子です。お菓子に青汁を混ぜれば甘味が青汁の苦さを消してくれて、おいしく食べることができます。パンケーキ、お汁粉、ティラミスなどさまざまなお菓子との相性がよいです。青汁は和のお菓子とも洋のお菓子ともうまく合います。苦みが気になるときは、少し砂糖を多めにするとよいです。

 

納豆と青汁は意外かもしれませんが結構合います。混ぜるだけで簡単です。粉末青汁は水分が不足しているので、水分を吸って粘りが強くなるかもしれません。

 

お弁当の定番が卵焼きです。普通の卵焼きと青汁入り卵焼きを交互に巻けば色がきれいです。卵は栄養価が高いのですが、食物繊維が不足しています。青汁を混ぜれば卵に不足する食物繊維を補えます。

 

おにぎりに混ぜるとやや抹茶っぽいご飯になります。混ぜるだけで簡単です。真っ白あおにぎりで寂しいとき、青汁を混ぜると緑色がきれいです。冷えても青汁の味がきになりません。ごまんどをトッピングに加えてもよいです。

 

このようにいろいろな料理に青汁を活用できます。いろいろな料理に活用すれば、おいしく飽きずに青汁を続けることができます。

ホーム RSS購読 サイトマップ