外食続きでも食物繊維摂取量を増やす方法

外食続きでも食物繊維摂取量を増やす方法

便秘解消のために食物繊維摂取量を増やす

便秘を解消するためには食物繊維の摂取が大切です。

 

しかし、外食や加工食品などの摂取が続いて食物繊維を摂ることが難しいこともありますよね。どうすれば上手に食物繊維を摂ることができるのでしょうか。

 

食物繊維の役割

 

食物繊維は野菜・果物・海藻・きのこ・豆類・未精製の穀物などに多く含まれています。人間が持っている酵素で分解することができず、消化吸収されず大腸に届きます。

 

食物繊維には便の量を増やす、腸内の善玉菌のエサになる、腸を刺激して蠕動運動を促す働きがあります。これらの作用により便通がよくなります。コレステロールを吸着して排泄する、血糖値の上昇を緩やかにするなど、便秘解消以外の働きもあります。

 

外食での工夫

 

自炊ができればたっぷり野菜や海藻などを食べて食物繊維を摂れますが、外食が続くと難しいですよね。でも、メニュー選びに工夫をすれば食物繊維摂取量を増やすことができます。

 

野菜たっぷりメニューがあるお店や定食を食べられるお店を選ぶようにすると、食物繊維を摂りやすいです。いろいろ探してみてください。定食の場合は野菜の付け合わせがあるメニューを選びましょう。

 

ラーメン、丼もの、パスタなどの単品メニューは食物繊維を摂りにくいですが、気をつければ食物繊維摂取量をアップさせられます。ラーメンやパスタの場合は、野菜やきのこをふんだんに使ったメニューを選びましょう。全粒粉パスタならさらに食物繊維摂取量を増やせます。丼ものの場合はサイドメニューに野菜があれば注文します。ヘルシー志向が高まり、キャベツの千切りなどを置いているお店が増えています。

 

コンビニを賢く利用

 

コンビニの食材を利用することでも食物繊維摂取量を増やせます。

 

小腹が空いたときは、ナッツ、栗、昆布などがおすすめです。これらは食物繊維が豊富です。食物繊維配合のビスケットなども販売されています。

 

ドリンクなら食物繊維入りドリンクやゼリーがおすすめです。低カロリーなものがたくさんあるので、ダイエット中でも気軽に飲めます。

ホーム RSS購読 サイトマップ