粉末タイプと冷凍タイプの青汁の比較

粉末タイプと冷凍タイプの青汁の比較

粉末タイプと冷凍タイプの青汁の比較

青汁には冷凍タイプと粉末タイプがあります。栄養価や味などに違いがあるのでしょうか。

 

栄養価

 

冷凍タイプの青汁は鮮度の高い状態で急速冷凍して製造しています。絞りたての青汁をそのままの状態で保存できます。粉末タイプは加工して粉末にしています。

 

水溶性食物繊維を比べると冷凍タイプの青汁の方が多く含まれています。粉末タイプは加工途中で水溶性食物繊維が失われてしまうのです。そのため、難消化性デキストリンを配合した粉末青汁もあります。水溶性食物繊維には腸内細菌のエサになる、一緒に摂った糖や脂質を包み込んで吸収を穏やかにする働きがあります。

 

ビタミンB群やビタミンCは熱に弱い性質があるため、加工で失われやすい栄養素です。粉末加工する過程である程度失われてしまいます。ビタミンの量でも冷凍タイプの方が多く含有しています。

 

しかし、使用する原料などによって冷凍タイプよりも粉末タイプの方が栄養価が高いケースもあります。パッケージの成分表をよく読んで確認してください。

 

 

飲みやすいのは粉末タイプです。飲みやすいように仕上げています。粉末タイプは牛乳、豆乳、ジュースなどさまざまなものに溶かして飲むことができます。ヨーグルトに混ぜたり、お菓子に使用するなど料理にも使用できます。飲み方を工夫することでおいしくなります。

 

冷凍タイプは他のものに溶かして飲まないので青汁そのものの味がします。野菜の品種改良や技術の進歩で昔に比べれば飲みやすくなっていますが、粉末タイプに比べると飲みにくいです。

 

便利さ

 

持ち運びに便利なのは粉末タイプです。1回分ずつ包装されているものなら、バッグに入れて外出先でも飲むことができます。旅行中はおいしいものばかり食べて野菜不足になり栄養バランスが崩れやすいです。そんなときにも携帯して栄養補給に役立ちます。

 

冷凍タイプは解凍する手間がかかります。飲む数時間前に冷凍庫から出しておきます。一度解凍したものを再度冷凍すると味が落ちたり栄養価が下がるので、解凍したらその日のうちに飲みます。

ホーム RSS購読 サイトマップ