脂肪を燃焼しやすい体をつくるには筋トレ

脂肪を燃焼しやすい体をつくるには筋トレ

脂肪を燃焼しやすい体をつくるには筋トレ

筋肉トレーニングで脂肪を燃焼しやすい体を作りましょうというのは、よく言われていることです。しかし脂肪を燃焼したいからといって、ただ闇雲に筋肉のトレーニングを行えばいいというものではありません。筋肉トレーニングにも効率化というものがあり、筋トレで鍛える部位によって脂肪を燃焼しやすさとしにくさが存在しています。

 

例えば筋肉を鍛えると言っても、小さな筋肉を一生懸命鍛えたとしても効果は低いです。人間の筋肉の大きさというのは体幹部の中心に近づくほど大きくなります。ダイエットのポイントはこの体幹部に近い筋肉をいかに鍛えるかがダイエットで成功するための秘訣になるのです。つまり腕の筋肉やふくらはぎの筋肉のような細い筋肉を鍛えたとしても、なかなか筋肉トレーニングで減量させるのは難しくなります。しかし背なかや胸、太ももなどの人間の体の中で比較的大きな筋肉を鍛えると、脂肪を燃焼させやすくなります。

 

筋肉トレーニングでダイエットを行うのであるのなら、大きな筋肉を優先的に鍛えるようにしましょう。とくに太ももの筋肉は鍛えると基礎代謝量をアップしやすくなり、より痩せやすい体を作ることができます。なぜなら人間の体のなかでもっともよく使われている筋肉は意外と軽視されがちな脚の筋肉です。

 

脚は常に人間の体重を支えているので、もっともよく使われている筋肉になります。初めから使われている筋肉を徹底的に使うことによって、より効率的な筋肉トレーニングを目指せることができるのです。

 

背なかや胸の筋肉もたしかに大きな筋肉ですが、普段日常で使うことはあまりありません。

 

そういった理由から筋肉トレーニングは太ももの筋トレを意識して鍛えるべきなのです。太ももの筋肉を鍛える種目で代表的なもので、スクワットという種目がありますが、このスクワットを極めるだけでも、そうとうなカロリー消費が期待できます。極めると言っても何も難しいことではありません。限界回数を3セット行い太ももの筋肉のみを意識して追い込めばいいだけのことです。

 

もちろんダイエットには食事制限をしっかりと行なうことも条件としてありますが、こと筋肉トレーニングに関しましては下半身をしっかり鍛えることを徹底的に行えばカロリーをしっかり消費できるのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ