消化器内科の先生に教えてもらった便秘解消法

消化器内科の先生に教えてもらった便秘解消法

消化器内科の先生に教えてもらった便秘解消法

便秘に悩んでいる方はたくさんおられます。

 

男女問わずですが、特に女性に多いと言われています。
中でもオフィスでのデスクワークをされている方や、妊婦さんにはとても大きな悩みだと思います。

 

 

私も便秘に悩まされている1人です。

 

しかし何故これほどまでに便秘に悩む人が多いのでしょうか?
それは様々な理由があり、その人に合った改善策をすることによってその悩みは解決されると思います。

 

 

なぜデスクワークをしている人に多いのか?

 

立ち仕事や力仕事をしている人は常に体全体の筋肉を使います。
それによって腸が働き便が出ると言われています。

 

しかしデスクワークの人は常にパソコンとにらめっこをしている仕事です。
ずっと体全体を動かしているわけではありません。
なので、便秘になる人が多いと言われています。

 

それは妊婦さんにも同じです。

 

特に妊娠半年をすぎたあたりから便秘に悩まされ、お腹が張るといけないので病院で薬を処方してもらい、服用するという生活が出産まで続きます。
何故なら先ほども説明した通り、安静にしなくてはいけない、そしてあまり体を動かすことができないので便秘に悩まされるということです。

 

しかし常に薬を服用すると、腸が自分では働かなくなり、自然に出なくなるという話は有名です。
私も消化器内科の先生にも同じように説明していただいたことがあります。

 

薬を服用せず、自然に出すにはどうすればいいか?

 

私が試してみたのはたくさんあります。
朝一番にお白湯を飲む、ホットミルクを飲む、ヨーグルトを食べる等様々です。
その中でもとても改善したという方法をご紹介いたします。

 

朝にホットミルクを飲むということです。
日本人は特に牛乳に体が慣れていないと言われています。
なのでよく牛乳を飲んでお腹をくだしたという方もおられるのではないかと思います。
なのでそれを利用するということです。

 

お腹をくだすのはしんどいことではありますが、便秘に苦しむ腹痛はもっとしんどいです。
ましてや何日も出ていないのなら尚更です。

 

そして何より、将来的に薬でしか出なくなることが最も恐ろしいと思います。

 

 

油っこいものを食べる。

 

 

なかなか聞かない方法ではありますが、これは消化器内科の先生に教えていただきました。
あまりにも出ない時は外食をしてみなさい。
とのことです。

 

 

理由は、油っこいものを食べると油が便をコーティングして、滑るように出てくるからとのことです。
試しに外食してみるとなんと、数時間後には快便という驚きの結果となりました。
カロリーなどの関係もありますので、この方法はたまに試してみるといいと思います。

 

便秘改善策はその人それぞれに合ったものがあります。
薬を服用しないと出ないというのにはならないように、たくさん色々な方法を試してみてください。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ